勃起障害と自律神経の関係

勃起障害と自律神経の関係

男性にとって最大の悩みはEDではないでしょうか?

現在では成人男性の約4人に1人はEDであるというデータが出ています。おそらくほとんどの人が全く起たなくなってしまった状態をEDと思っているでしょう。しかし、勃起しても硬さがいまいちだったり、長続きしないなどの症状もEDとみなされます。

つまり、性行為を行うことに支障をきたす症状であればそれはEDということになるのです。

上記のデータはそれらを含めた症状の大小に関わらずの数字というわけです。

これらを考えると今や誰にでも起こり得る病気であることが分かります。

昔と今では何が違うのでしょうか?

現在ではストレスがかかる環境も悪化してますし、食生活も変化しています。ですので、個人個人にかかる負荷が非常に大きいように感じます。

食事や睡眠もゆっくりできる時代でも無くなったことも影響しているのでしょう。栄養も十分に摂ることが難しい時代になり、疲れやすい体になっています。さらに重度のストレス社会でもありますからね。

EDを予防するためには、日ごろからゆとりのある生活を送ること、つまり昔のようにしっかりした食事をすることが基本になるのではないでしょうか?そして、時間に追われない生活を送ることが必要だと思います。

ED治療薬勃起を促進

監修

サイトの約束ごと

編集者情報