加齢とED

加齢とED

男性は加齢とともに失いたくないものを失っていきます。その中で最も失いたくないのは精力だと思います。

しかし、これは加齢による体機能の低下の一貫であるため、誰にでも起こり、それを完全にストップさせることはできません。これが要因となりEDになってしまいます。

そのため、EDは体機能の低下によるもので、高齢者の病気というイメージが強いと思います。しかし、近年では30代から40代の若い世代でもEDで悩む男性が増加していると言われていますし、20代から30代にかけての若年齢層でもその数が増加傾向にあることが分かっています。

したがって、現在ではEDは年齢に関係なく男性であれば誰にでもかかり得る病気と認識されるようになっています。

若い世代におけるEDの理由の多くがストレスだと言われています。しかし、現在ではバイアグラやレビトラ、シアリスなど、ED改善のための優れた薬が開発されていますので、ほとんどのEDは治すことができる病気とされています。

その前にEDにならないためにもストレスを溜めこまないようにしなければいけません。例えば、ビタミンはストレスの緩和に効果があると言われています。よく、イライラしている人に「ビタミンCが足りてないんじゃない?」と言ったりしている人がいますよね。

ただでさえ、ビタミンCが失われる時代ですので現代人は意識して摂るべき成分だと言えます。

勃起を促進

監修

サイトの約束ごと

編集者情報